>  > Active ACTIVE/1067442 ハイスロKIT [TYPE-3/メッキ金具] 巻取φ36 SIL TRIUMPH DAYTONA675 06-09【smtb-s】

Active ACTIVE/1067442 ハイスロKIT [TYPE-3/メッキ金具] 巻取φ36 SIL TRIUMPH DAYTONA675 06-09【smtb-s】

EnglishSEED GUIDE

Active ACTIVE/1067442 ハイスロKIT [TYPE-3/メッキ金具] 巻取φ36 SIL TRIUMPH REMUS DAYTONA675 サカタ)/61-62 06-09【smtb-s】

病害データ

病害レポート

ネギ・タマネギのさび病

病原菌名 Puccinia allii
英  名 Rust

診断のポイント
のようす

■病気のはじめ

葉や花梗に中央部はオレンジ色 (クーポン配布中) HYPERPRO コンビKIT [22015060+22015061] CBR600F4 99-00 22015062 【送料無料】(北海道・沖縄除く)、まわりは黄白色に変わった斑点型の病徴が見られます。のちに斑点の中央部が縦に破れて伝染源の役目をするさび色の粉(夏胞子)が飛び出します。

■病気のおわり

のひどい葉や花梗は、さび色の粉におおわれて、わら色に枯れこみ 【T003】プリウス [H27/12-][ZVW50 / ZVW51 / ZVW55] カジュアルG ライトグレー Bellezza ベレッツァ シートカバー、やがて冬越しのための病原菌(冬胞子)をつくります。

さび病の診断
  • 春(5~6月)と秋(10~12月)の年2回の発生があります。
  • この時期の葉や花梗にオレンジ色のふくれた斑点を認め、さび色の粉が出ていればさび病と診断できます。
防除のポイント

■病原菌の生活史

  • 病原菌(オレンジ色の粉)はかびの仲間で、ワケギ、ニンニク、ラッキョウなどにもさび病を発生させます。
  • さび病菌の病原菌には型(タイプ、系統)があり、ネギ、タマネギ、ニンニクを侵すネギ型(系統)、ニラ型、ラッキョウ型の3分化型(3系統)がしられています。
  • 冬を越して生き残る病原菌は冬胞子です。これが春に空気中に飛散してネギにつき、気孔からネギに感染して10日間くらいで発病し、夏胞子をつくります。
  • 夏胞子は春から秋の期間の9~18℃の気温下で活動し、伝染源となり、周辺株にまん延します。

発生しやすい条件

耕種的防除
  • 肥料切れは発生を助長します。施肥量や施肥時期を適切にしましょう。残渣を畑に放置すると、翌年の伝染源となります。残渣は集めて焼却しましょう。
  • さび病が発生している周辺での栽培は控えましょう。
  • 雑草の除去、良好な風通し、採種圃では花梗の倒伏防止策等の栽培環境に注意しましょう。
薬剤的防除
  • かなり発生してからの薬剤散布は効果がありません。
  • 発病前から10日間隔くらいで 【USA在庫あり】 エイボン AVON エクスカリバー エアークッション グリップ (左右ペア) 08年以降 ツーリング クローム 0630-1183 HD、定期的な予防散布を行ってください。
  • 発病後は XAM ザム PREMIUMシリーズ リアスプロケット 丁数:55 TDR125 ZEAL 、ごく初期に防除を行い、まん延を防止します。
  • ネギのさび病にはジマンダイセン水和剤(マンゼブ水和剤)、ストロビーフロアブル(クレソキシムメチル水和剤)、ベルクート水和剤(イミノクタジンアルベシル酸塩水和剤)等が使用できます。
  • タマネギのさび病にはジマンダイセン水和剤(マンゼブ水和剤)が使用できます。
  • ネギは薬剤がつきにくいので、必ず展着剤を加用して動力噴霧機で、薬剤細霧が葉全体によくつくように散布します。

データ作成2013/4/11

 

■ご注意

文中に記述のある農薬の登録内容は、すべて上記データ製作日時点のものです。ご使用に際しては、必ず登録の有無と使用方法(使用時期、使用回数、希釈倍数 【メーカー在庫あり】 BNM160S ダイジェット工業(株) ダイジェット ミラーボール用チップ 2個入り BNM-160-S HD、

Active ACTIVE/1067442 ハイスロKIT [TYPE-3/メッキ金具] 巻取φ36 SIL TRIUMPH DAYTONA675 06-09【smtb-s】

、処理量など)をご確認ください。

このページに掲載のイラスト・写真・文章の無断の転載を禁じます。
全ての著作権は株式会社武蔵野種苗園に帰属します。

病害レポート

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-88479